FC2ブログ

福島原発事故・地震津波情報のまとめ

福島原発事故のニュースや地震津波情報をまとめました

福島原発事故 - 東電「放棄せざるを得ません」 菅「撤退はあり得ない」


焦点の一つは「2011年3月15日」だ。当時、すでに1、3号機の水素爆発が起きており、さらに2号機格納容器の大規模な破壊、大規模汚染が起きるのではと心配されていた。その日未明、東電が原発からの撤退を申し出て、菅首相が拒否。菅首相はその足で東電本社に乗り込み、社員を前に「撤退は許さない」としゃべった。

撤退問題では、東電と官邸の主張は「全面撤退といったかどうか」ですれ違っているが、これは単なるコミュニケーションの問題ではない。原発事故では、炉が制御できない状態になることがありうる。その場合、「撤退するか、残って命がけで事故収束にあたるか」という究極の選択を迫られる。

内閣危機管理監・元警視総監の伊藤哲朗はそのやりとりを鮮明に記憶している。
 伊藤「第一原発から退避するというが、そんなことをしたら1号機から4号機はどうなるのか」
 東電「放棄せざるを得ません」
 伊藤「5号機と6号機は?」
 東電「同じです。いずれコントロールできなくなりますから」
 伊藤「第二原発はどうか」
 東電「そちらもいずれ撤退ということになります」

政府の事故調査・検証委員会の中間報告は撤退問題を、官邸側の勘違いとの調子で片付けている。

詳細はリンク先記事へ
http://astand.asahi.com/magazine/wrscience/2012032000009.html?iref=webronza


[関連データ]
<不測の事態・最悪のシナリオ>
水素爆発で1号機の原子炉格納容器が壊れ、放射線量が上昇して作業員全員が撤退したと想定。注水による冷却ができなくなった2号機、3号機の原子炉や1~4号機の使用済み燃料プールから放射性物質が放出され、強制移転区域は半径170キロ以上、希望者の移転を認める区域が東京都を含む半径250キロに及ぶ可能性があるとしている。
http://www.asahi-net.or.jp/~pn8r-fjsk/saiakusinario.pdf


[コメント]
もし、3月15日の段階で東電が全面撤退していたらどうなっていたでしょう?
東日本は終了していました…これはゾッとする話です。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

まとめteみた【福島原発事故情報のまとめ】
焦点の一つは「2011年3月15日」だ。当時、すでに1、3号機の水素爆発が起きており、さらに2号機格納容器の大規模な破壊、大規模汚染が起きるのではと心配されていた。その日未明、東電が原発からの撤退を申し出て、菅首相が拒否。菅首相はその足で東電本社に乗り...
[2012/03/22 04:25] まとめwoネタ速suru
プロフィール

nuclear2ch

Author:nuclear2ch
2ちゃんねら~です。「福島原発問題」や「東日本大地震」のニュースをまとめています。

検索フォーム
Twitter