FC2ブログ

福島原発事故・地震津波情報のまとめ

福島原発事故のニュースや地震津波情報をまとめました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

福島原発事故 - 小中学生の被ばく 最大月450μSv 郡山


■福島原発事故 - 小中学生の被ばく 最大月450μSv 郡山

福島県郡山市内に住む小中学生が10~11月の約1カ月間に受けた積算放射線量が、最大で450マイクロシーベルトに達していたことが8日、同市教委の調査で明らかになった。市教委は「健康に影響を与えるレベルではない」と話しているが、 単純に年間の積算値として換算すると、最大約5ミリシーベルトの被ばく量になる。

計測したのは、市内の小中学生約3万人のうちの希望者2万5551人。一人一人に線量計を配布し、10月5日~11月6日の33日間測定してもらった。調査結果によると、この期間の積算線量は10~450マイクロシーベルトになり、平均は120マイクロシーベルト。全体の約6割に当たる1万5666人が、100~190マイクロシーベルトだった。120マイクロシーベルトを年間積算すると、一般の人の年間線量限度(1ミリシーベルト)を超える計算になる。

「線量が高かった子どもたちの中には線量計を外に置きっぱなしにしているケースもあった。 すべての計測データがそろってから、生活習慣も含めた具体的な分析を行いたい」と説明
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/12/20111209t65014.htm


[コメント]
今の郡山市市役所の空間線量は0.77μSv/h 33日間だと610μSv
33日間の子供の平均被曝量は120μSv

実際の子供たちの被曝量は空間線量の20%という結果。
子供たちは24時間外には出ていないのでこれぐらいの数字になるのでしょうか?
郡山市市役所の線量は郡山市の中でも高い、
子供たちに持たせた計測器の数字が低くでる、という事も考えられますが…
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/12/09 09:34 ] 原発情報(福島) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

nuclear2ch

Author:nuclear2ch
2ちゃんねら~です。「福島原発問題」や「東日本大地震」のニュースをまとめています。

検索フォーム
Twitter


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。