FC2ブログ

福島原発事故・地震津波情報のまとめ

福島原発事故のニュースや地震津波情報をまとめました

福島原発事故 - 福島など放射線数値急上昇 測定器更新が原因!?


■福島原発事故 - 福島など放射線数値急上昇 測定器更新が原因!?

福島県が県内全域で観測している放射線量のうち、福島市などの数値が10月6日から急に上昇し、「福島第1原発からの放出量が増えたのでは」と不安視する声が県に寄せられている。測定器の交換が理由とみられ、県は「放射性物質は増えていない」と説明している。
 
数値が高くなったのは福島、二本松、本宮市と川俣町、大玉村の計7地点。先月5日と6日の数値を比較すると、7地点とも6日に1時間当たり0.1マイクロシーベルト前後上昇した。福島市(市役所)は0.9マイクロシーベルトから1.1~1.2マイクロシーベルト程度に、本宮市(旧白沢総合支所)も0.6マイクロシーベルトから0.8マイクロシーベルト程度に上がった。

県によると、先月6日に福島市など7地点の測定器を、同じメーカーの別の機種に交換した。上昇は測定器の感度や精度の問題とみられるが、放射性物質に敏感になっている県民からは「今まで低めの数値を出していたのか」といった質問もあったという。
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/11/20111118t61009.htm


[参考データ]
福島県放射能マップ/【県北地方】福島市役所の測定値
http://fukushima-radioactivity.jp/environ-mapdetail.php?category_cd=1&genre_cd1=-1&point_no=15
【県北地方】本宮市役所旧白沢総合支所の測定値
http://fukushima-radioactivity.jp/environ-mapdetail.php?category_cd=1&genre_cd1=-1&point_no=23


[コメント]
データを見ると確かに機種変換した10月6日で福島市、本宮市の放射線量が少し高くなっています。
どちらの機種の数字がより正確な数字なのかは解りませんが、新しい機種の数字がより正確ならば、
これまでの放射線量の数値は実際より低い数字が発表されてた事になります。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2011/11/19 08:26 ] 原発情報(福島) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

nuclear2ch

Author:nuclear2ch
2ちゃんねら~です。「福島原発問題」や「東日本大地震」のニュースをまとめています。

検索フォーム
Twitter