FC2ブログ

福島原発事故・地震津波情報のまとめ

福島原発事故のニュースや地震津波情報をまとめました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

福島原発事故 - 福島第1原発2号機で核分裂の可能性 ホウ酸水を注入


■福島原発事故 - 福島第1原発2号機で核分裂の可能性 ホウ酸水を注入

東京電力は2日、福島第1原発2号機で原子炉格納容器内の気体に放射性キセノンが含まれている可能性が判明、核分裂が起きている恐れが否定できないとして、原子炉に核分裂を抑制するホウ酸水の注水を始めたと発表した。原子炉の温度や圧力、放射線量を測定するモニタリングポストの値には変動がないという。

経済産業省原子力安全・保安院によると、検出されたのはごくわずかで、キセノンなのか、誤信号なのかを分析中。2号機の燃料は事故で冷却水がなくなって溶け、原子炉圧力容器の底や、その外側の格納容器の底に漏れてたまったと推定されているが、大きな塊になっていれば局所的に核分裂が起きることはあり得るという。東電は圧力容器に水の注入を続けている。保安院は、原子炉の状態は安定しており、核分裂が拡大し燃料が再溶融する恐れは低いとみている。

以下、リンク先記事へ
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20111102-857832.html


[関連リンク]
2011/11/02(水) 開場10:20
東京電力 記者会見 ※今回のホウ素注入、核分裂に関しての記者会見
http://live.nicovideo.jp/watch/lv69346535?ref=top

平成23年4月7日
武田邦彦 - 原発 緊急情報(51) 窒素を入れた理由と影響
…もっとも危険なのは、「圧力容器内の核爆発」で、これを止めるには「ホウ素の投入」が必要です。
ですから「ホウ素」という文字が出てきたら、逃げる準備が必要です。
http://takedanet.com/2011/04/51_93ed.html

平成23年5月16日
武田邦彦 - 科学者の日記110516  福島原発1号機
…原子炉が破壊されていない状態でホウ素を投入するというのはかなり危険な状態を指しているが、今や3号機はかなり損傷しているので、今回、投入されたホウ素は「ごく小さい核爆発も止めたい」ということであり、問題はありません。「ホウ素が注入されたが、逃げなくてもよい」ということです。安心してください。
http://takedanet.com/2011/05/110516_1_4036.html


[コメント]
福島原発はまだ局所的に小さな核分裂が起きている可能性が有るみたいです。
溶けた核燃料が集まって即発臨界が起きる可能性は事故当初から海外の専門家や大前研一氏も指摘していました。

武田邦彦氏のブログによると
損傷してない原子炉にホウ素注入なら逃げる準備が必要だが、
既に損傷してる原子炉にホウ素注入を入れるなら逃げなくてもよい、安全。との事です。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/11/02 09:47 ] 原発情報(福島) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

nuclear2ch

Author:nuclear2ch
2ちゃんねら~です。「福島原発問題」や「東日本大地震」のニュースをまとめています。

検索フォーム
Twitter


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。