FC2ブログ

福島原発事故・地震津波情報のまとめ

福島原発事故のニュースや地震津波情報をまとめました

福島原発問題 - 放射線量、除染なしで2年後に4割減 対策本部が試算


■福島原発問題 - 放射線量、除染なしで2年後に4割減 対策本部が試算

国の原子力災害対策本部は24日、東京電力福島第一原発事故による今後の放射線量を予測する手法をまとめ、原子力安全委員会に提出した。除染をしない場合、雨風の影響などで2年後には線量が4割減少する試算になるという。安全委も了承し、今後の除染方針を決める際の参考にする。

現在、被災地で放射線量に影響を与えているのは、原発から飛散した半減期が約2年のセシウム134と
約30年のセシウム137だ。ヨウ素131は半減期が8日で、現在は検出限界未満に減った。ストロンチウム90なども検出されているが、線量への影響は小さいという。セシウム134と137はほぼ1対1の割合で存在し、線量に影響を及ぼすエネルギーは134の方が高い。

また、過去の核実験で田畑に蓄積したセシウム137は、雨風の影響で18.4年で半減するとの結果も示した。
http://www.asahi.com/national/update/0824/TKY201108240500.html

[コメント]
本当に計算通りに減るのでしょうか?
都市部の空間線量は新しく放射性物質が追加されなければ自然と減りますが問題は田畑です。
田畑には汚泥や腐葉土などの放射性物質が濃縮された汚染肥料が毎年追加されます。
数年経っても都市部に比べて田畑の放射線量がなかなか減らないという状況も考えられます。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2011/08/25 09:43 ] 原発情報(福島) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

nuclear2ch

Author:nuclear2ch
2ちゃんねら~です。「福島原発問題」や「東日本大地震」のニュースをまとめています。

検索フォーム
Twitter