FC2ブログ

福島原発事故・地震津波情報のまとめ

福島原発事故のニュースや地震津波情報をまとめました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

福島原発事故 - ガンダーセン博士,CNNジョン・キングの番組で語る6/7(字幕)

福島原発事故:ガンダーセン博士,CNNジョン・キングの番組で語る6/7(字幕)
http://www.youtube.com/watch?v=LEd_p6RhjJQ


Q. 以前から報道されている以上に状況は深刻だとおっしゃってましたが?
A. "私は特に東電と日本政府の放射能放出量の計算が修正され"2倍になった"ことを驚いてはいません。日本政府と官僚の混乱と体質文化だと思いますね。この体制が原­子力事故がいかに深刻かの判断を間違わせているのです。

Q. ホット・パーティクル(放射性粒子)が、米国シアトルでも検測されましたが、どの程度影響があるのでしょうか?
A. "放射能はガス状の雲になり発生し、これはガイガーカウンターで計測出来ます。4月に東京で10個/日が観測された。1日に人々が呼吸すると吸入しています。興味深いのは、シアトルで一人当たり5個/日の微細粒子が観測されています。なぜなら、この時期は主に太平洋へ、米西海岸に向かって風が吹いていたからです。米国で、レタ­スなどは食べる前に良く洗うよう注意喚起されてたのは、これが理由です。

Q. 米国西海岸の人達は、これは憂慮すべきことですか、それともそれほどでもないのでしょうか?
A. "平均的に人間は、日に10Cubic/m呼吸しますが、シアトルで一人当たり5個/日の放射性粒子を吸っています。

Q. 衛星写真の画像では、現在は原子炉は制御下にあるようにみえますが?
A. 原発の放射性ガスは、3月は寒くてTV画面上は目視しやすかったが、5月には温かくなったので目視出来なくなった。いまだに、大量の放射性ガスと放射能汚染水を作り、放出­し続けています。ですから、放射能放出を抑えるには時間が必要です。まだ来年まで放射能は漏れ続け、放射性蒸気が止まり冷温停止になるまで、放射性蒸気と放射能汚染水を作り続けるでしょう­。

[関連リンク]
ガンダーセン氏の被曝から逃げるためのアドバイス まとめ
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-608.html
・福島第一原発は「設計上の想定が甘すぎる」と10年前から言われ続けていた
・1号機はすでに何のガードもなく、剥き出しと同じ状態になっている
・3号機はまだ底が抜けていないだろう。だから余計に危険で一気に底が溶け落ちるようなことがあれば水蒸気爆発がある
・4号機建屋が倒壊すれば、破局が訪れる。
・もしそうなったら、日本の友人の皆さん、逃げなさい。これまでの科学はいっさい通用しません
・作業する人がいない。すでに福島第一原発にはアメリカからの作業員が入ってきている
・何より恐ろしいのは内部被曝。なんとしてでも避けるよう最大限の努力をしなければならない
・とにかく4号機から目を離さないこと。倒壊するのを見たら、すぐに飛行機に乗って遠くに逃げてください

[コメント]
シアトルでも東京の1/2の汚染、これはもうしばらくすると国際問題になりそうな予感がします。
余震などで4号機のプールが崩壊したら逃げた方がいいみたいです。用意だけはしておきましょう。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/06/11 12:27 ] 原発情報(福島) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

nuclear2ch

Author:nuclear2ch
2ちゃんねら~です。「福島原発問題」や「東日本大地震」のニュースをまとめています。

検索フォーム
Twitter


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。