FC2ブログ

福島原発事故・地震津波情報のまとめ

福島原発事故のニュースや地震津波情報をまとめました

福島原発事故 - 【YouTube】3号機で起きた即発臨界による爆発についての解説

解説者:米国 アーニー・ガンダーソン氏
フェアウィンズ・アソシエーツ社チーフエンジニア
米国のスリーマイル原発事故の際、事故調査団のメンバー
http://en.wikipedia.org/wiki/Arno­ld_Gundersen

福島第一原発3号機の爆発についての解説
元ネタ:http://www.universalsubtitles.org/ja/videos/2TnNJkefdfyZ/ja/72595/


[まとめ]
・3号機の爆発は1号機に比べてはるかに大きなもの
・3号機の爆発のベクトルは上に向いている
・煙が立ち上がる前に明るい閃光が確認出来る
2マイル離れた場所から多数の燃料棒の破片が見つかっている
・プルトニウムなどウランより重い核種の検出は燃料棒が揮発したことを意味します
・3号機の建屋の大部分、特に南側が無くなっている
・赤外線写真を見ると高温部分の熱源が確認できる
・よって、3号機の格納容器・原子炉は損傷を受けてない
・3号機の燃料プール容器内の水は空の状態、そこにガスが溜り上向きに爆発した
・プルトニウム、ウランは2,3マイル離れたところからも検出
・噴煙の黒さもウランやプルトニウムが揮発したことを意味する
・水素爆発(1号機)は劇的だが爆発的では無い、3号機は明らかに爆発
・理由は2つ、噴煙が上方に立ち上ってる大きさ、赤い閃光が建屋の側面で光った

(1)水素・酸素の化学反応が始まり(水素爆発が起こり)
(2)それによって燃料棒が激しく動いて変形する衝撃波が生じた
(3)使用済み燃料プールの燃料棒が変形し集約し即発臨界による核反応を引き起こした
(4)その核反応がプールから燃料棒などを吹き飛ばし噴煙を噴き上げる爆発のエネルギーと
3号機での劇的な場面を作り出した

・この仮説を確かめるには噴煙に含まれる核種の同位体を調べれば解る、米軍採取済み
・2つのキセノンXeの同位体によって即発臨界を起こしたかどうかが解る
・証拠は政府が持っている

[コメント]
燃料棒は2マイル先まで飛び散っている、3号プールは即発臨界を起こして爆発したなど
赤色にした部分は日本国内ではあまり伝えられない情報です
関連記事
スポンサーサイト



[ 2011/05/02 02:33 ] 原発情報(福島) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

nuclear2ch

Author:nuclear2ch
2ちゃんねら~です。「福島原発問題」や「東日本大地震」のニュースをまとめています。

検索フォーム
Twitter