福島原発事故・地震津波情報のまとめ

福島原発事故のニュースや地震津波情報をまとめました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

福島原発事故 - 瓦礫埋立て 新潟知事「殺人に近い」 柏崎・三条市は作業継続

東日本大震災で発生したがれき(木くず)の本格受け入れと埋め立てを柏崎、三条両市が始めたことに対し、泉田裕彦知事は14日の定例記者会見で「健康被害を受ける人が出ると傷害。それによって亡くなれば傷害致死と言いたいが、分かっていてやったら殺人に近い」と強い表現で批判した。これに対し会田洋・柏崎市長は「感想はありません。粛々と(がれき受け入れによる)被災者支援を進めます」。三条市は「市長が海外出張中でコメントできない」とした。両市が受け入れる震災がれきはそれぞれ計約110トンと145トンで、年間焼却量の数百分の1。

柏崎市と三条市はそれぞれ、年間約2万4000トン、4万5000トンのごみを焼却処分している。これら日常ごみの焼却灰も、放射性セシウムを含んでおり、濃度は1キロあたり約20〜80ベクレルだ。


詳細はリンク先記事へ
http://mainichi.jp/area/niigata/news/20130215ddlk15040007000c.html


[関連記事]
復興予算の無駄使い ガレキ受け入れ検討するだけで予算340億円
http://nuclear2ch.blog39.fc2.com/blog-entry-1556.html
宮城・岩手 がれきの広域処理 3月末で打ち切り
http://nuclear2ch.blog39.fc2.com/blog-entry-1552.html


[コメント]
柏崎市と三条市のがれきの受け入れはたったの110トンと145トン
広域処理もがれきの量が思ったより少なく3月末で終了です

そんな量で問題になるなら受け入れなきゃいいのにと思いますが…

しかし、瓦礫受け入れを検討するだけ予算が貰えるシステム
少しでも受け入れたらさらに予算が貰えるでしょう
お金の欲しい地方自治体は飛びつきます


そして記事の中でもう1つ気になる点が…

日常ゴミの焼却灰
柏崎市 年間24,000トン=24,000,000kg
三条市 年間45,000トン=45,000,000kg

セシウムは1kg20~80Bqなので

柏崎市では年間最大19億2000万ベクレルの焼却灰
三条市では年間最大36億ベクレルの焼却灰が発生し埋め立てられています

事故後はみんな感覚が麻痺していますがこれはけっこうな量です
そんな低レベル放射性廃棄物が普通に埋め立て処理されているのが今の日本です

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

nuclear2ch

Author:nuclear2ch
2ちゃんねら~です。「福島原発問題」や「東日本大地震」のニュースをまとめています。

検索フォーム
Twitter


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。