FC2ブログ

福島原発事故・地震津波情報のまとめ

福島原発事故のニュースや地震津波情報をまとめました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

福島原発事故 - 原発事故試算 柏崎刈羽、大飯、浜岡で30キロ圏外も基準超


全国の16の原発で東京電力福島第一原子力発電所と同じような事故が起きた場合に影響が及ぶ範囲を試算した結果を、国の原子力規制委員会が23日、公表しました。

7つの原子炉が集中する新潟県の柏崎刈羽原発では、原発から東南東の方向に40.2キロの魚沼市内まで影響が広がり、このほか福島第二原発と福井県にある大飯原発、静岡県にある浜岡原発の3つの原発でも、100ミリシーベルトに達する地点が30キロの外側に及んでいました。

この(7日間で)100ミリシーベルトは、IAEA=国際原子力機関の安全基準で、一時避難させる目安の放射線量。

詳細はリンク先記事へ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121024/t10015972391000.html


[関連リンク]
第七回 原子力規制委員会
http://www.nsr.go.jp/committee/kisei/20121024.html
拡散シミュレーションの試算結果【PDF:11MB】
http://www.nsr.go.jp/committee/kisei/data/0007_05.pdf


[コメント]
100mSvという基準は1年間で100mSvの被曝では有りません。
1週間で100mSvの被曝です。
1週間20mSv、10mSvの基準にすればもっと広い範囲で避難が必要になります。

IAEAの安全基準の一時避難の目安が1週間で100mSvとの事なので、
事故が起きても100mSv以下のエリアに避難指示が出るのは遅れる事になりそうです。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

nuclear2ch

Author:nuclear2ch
2ちゃんねら~です。「福島原発問題」や「東日本大地震」のニュースをまとめています。

検索フォーム
Twitter


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。