福島原発事故・地震津波情報のまとめ

福島原発事故のニュースや地震津波情報をまとめました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

福島原発事故 - 低線量被曝による「チェルノブイリ・エイズ」が増えている!


菅谷昭(医師、松本市長)さん講演録
「チェルノブイリのように、数年以上経って深刻な健康被害が出てからでは遅すぎる。
福島の子どもたちを疎開させるべきだと思います」

(中段)
…私たちの知人の医師が、そっと教えてくれたことをお話しましょう。軽度から中等度の汚染地域では、「チェルノブイリ・エイズ」と呼ばれる症状が増加しているそうです。医学上の病名ではありませんが、汚染地域の居住者には、いわゆるエイズ(後天性免疫不全症候群)と同じように、身体の抵抗力が落ちている人が増えているのです。

・ちょっとした風邪が治りにくい
・すぐ感染症にかかる
・貧血
・ぜんそくや皮膚炎などアレルギー体質

さらに、未熟児や早産、死産、先天性異常など出産に関わる影響も、この10年で増えてきています。日本では考えられないことですが、現在ベラルーシでは妊娠中の検査が厳しく言われています。もし検査をして異常が見つかったら、半ば強制的な妊娠中絶になるそうです。

詳細はリンク先記事へ
http://www.cataloghouse.co.jp/yomimono/genpatsu/sugenoya/


[関連記事]
福島原発事故 - 今後の日本、低線量被曝の「原爆ぶらぶら病」が東日本で発生
http://nuclear2ch.blog39.fc2.com/blog-entry-985.html


[コメント]
チェルノブイリ・エイズ = 原爆ぶらぶら病

低線量被曝の場合はガンや白血病だけでなく
風邪が治りにくい、感染症、貧血、皮膚炎、疲れやすい、
だるいなど病気かどうか解り難い症状に悩まされるようです。

こういう症状はストレスや避難の疲れなどと処理されますが、
それだけでは無く、低線量被曝の影響も有るという事を知って
おかなくてはいけません。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

nuclear2ch

Author:nuclear2ch
2ちゃんねら~です。「福島原発問題」や「東日本大地震」のニュースをまとめています。

検索フォーム
Twitter


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。