福島原発事故・地震津波情報のまとめ

福島原発事故のニュースや地震津波情報をまとめました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

福島原発事故 - 東電、3号機の爆発の確認作業をせず”水素爆発”と発表していた

テレビ会議/3号機爆発に関する記者会見用の文面を清水正孝社長(当時)らが検討している場面

高橋明男フェローが「要はさ、(12日に水素爆発した)1号機を3号機に変えただけだってんでしょ。それで水素爆発かどうかわかんないけれど、保安院が水素爆発と言っているから、もういいんじゃないの。この水素爆発で」と爆発の確認作業をせずに保安院発表を追認することを提案。さらに「これは保安院がさっきテレビで水素爆発と言っていたけど、歩調を合わせた方がいいと思うよ」と発言した。

これに対し本店職員も「すでに官邸も水素爆発という言葉を使っているから、それに合わせた方がいいんじゃないですか」と同調、「いかがですか」と清水社長に決断を求めた。

清水社長は「はい。いいです。これでいいから。スピード勝負」と了承、3号機は「水素爆発」と決定、その後の会見でそのまま公表された。

詳細はリンク先記事へ
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120819/crm12081914020005-n1.htm


[関連リンク]
海外の専門家が爆発を比較して1号機と3号機を比較してる。
左側は1号機、右側は3号機 キノコ雲の有無や爆発違いを解説してる
http://www.youtube.com/watch?v=1Q3ljfLvHww


[コメント]
3号機の爆発は小規模な核爆発では?と指摘していた人もいました。

東京電力は3号機の爆発も水素爆発と発表していましたが、
その決定はこんな感じで何も確認もせずに決定されていたようですね。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/08/20 00:50 ] 原発情報(福島) | TB(0) | CM(2)
今では、この部分の録画を私達も見ることができます
今では、この部分の録画を私達も見ることができます
(2012年10月5日追加公開分に含まれています)。

http://www.youtube.com/watch?v=WyZDHnstm-k#t=15s

[元ファイル]
http://tepco.webcdn.stream.ne.jp/www11/tepco/download/tv125.zip ( 0:15 ~ )
(東電HP http://photo.tepco.co.jp/date/2012/201210-j/121005-01j.html の中の 本37-6 )

[ 2013/05/31 02:39 ] [ 編集 ]
「3号機プール内見せろ!」運動が必要
高橋フェローや清水社長への処罰はいずれ必要だと思いますが、
それより今は、
プルトニウムの本当の放出量を明確にすることが緊急課題です。
プルトニウムの汚染度を測定で解明するのは無理。
(斑模様にように堆積してるのに、プルトニウムは測定器を
 引っ付けないと反応しないので、ホットスポット発見困難)

「3号機プール内見せろ!」運動が必要ですね。
(一部だけ見せて「壊れてないでしょ」で誤魔化すな。全景見せろ)

私は、以下のような感じで東電を追及したい(彼らの回答は私の予想)。

「起きたのが水素爆発だけかどうかわからないのに、
 なぜ、未だに、
 使用済燃料は爆発していないと断定したままなのか?」
東電
「あの後、使用済燃料が全部残ってると確認できたからだ」

「あなたが確認したのと同じ方法で、
 確認過程をカメラに収めて公開せよ」
東電
「目でしたわけではない。
 東電発表後、発表内容を保安院が検証した筈で、
 保安院が何も言って来ないので合ってると判断したのを、
 確認できたと言っている」
保安院
「私どもは雑感を口にしただけで、
 東電発表が私どもの雑感と同じだったから、
 その雑感で合ってると思って、何も言わないだけだ」
という感じで、
結局、未だに確認されていないままであることを表沙汰にしたい。

さらに、高橋フェローのあの言い方だと、
「水素爆発が頭に浮かんだけど確信が持てない」
という意味で言ってるのではなく、
「何による爆発か見当もつかないけど、
 保安院はあてずっぽうで言ってるなあ。
 1号機のときのに合わせただけだな」
という意味で言ってるみたいで、
水素爆発のみの可能性が高い(確信が持てないだけ)
とさえ言えないことも、はっきりさせたい。

建屋の横幅30m(下が丘に隠れているので高さは不明)から推定して、
大きな破片の吹き飛ばされた高さは200m(上の方で煙の中から現れる)。
ただのガス爆発で、あんな大きな破片が200mの高さまで飛ぶとは思えない。
200mとは、家の近くにある11階建住宅(ほとんどビル)の4倍の高さ。

炎が赤っぽかったのも、水素の燃焼にしては変。
H2Aロケット打上げ生で2回見てるけど、炎は白っぽかった(赤みはなかった)。
比率として僅かな壁や線が燃えたとしても、白が赤に変わるまで行くか?

黒い煙が一瞬で大量に発生したのも変。
比率として僅かな壁や線が燃えたとしても、あんな量が一瞬で発生するか?
[ 2012/08/23 18:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

nuclear2ch

Author:nuclear2ch
2ちゃんねら~です。「福島原発問題」や「東日本大地震」のニュースをまとめています。

検索フォーム
Twitter


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。