福島原発事故・地震津波情報のまとめ

福島原発事故のニュースや地震津波情報をまとめました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

福島原発事故 - 福島の子供 セシウム検出0.1%に、しかし・・・


福島県内の幼児や児童約6000人を対象に今年4~6月に実施した内部被ばく検査の結果を解析したところ、放射性セシウムが検出されたのは約0.1%だったことが、東京大医科学研究所の調査で分かった。放射性セシウムの検出限界(1人当たり250~300ベクレル)。幼児や児童では、取り込んだセシウムが代謝などで体外に出て30~60日程度で半減する。東京電力福島第1原発事故から1年以上が経過し、現在は事故直後に取り込んだセシウムの影響がほとんど残っていない。このうち3人は同じ家族で、最高で615ベクレル。野生のキノコを食べたのが原因とみられる。

坪倉医師は「露地栽培の野菜などを控えたことや、国の厳しい食品規制に加え、自給率が低く食品を輸入に頼っていることが影響した」と推測する。

詳細はリンク先記事へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120803-00000013-mai-soci

[コメント]
幼児・児童の内部被曝が減っている事はいいニュースなのですが注意が必要です。
しかし、この調査の検出限界は1人当たり250~300ベクレル。
幼児の体重を15kgとすると1kgあたり20ベクレルという数字になります。
これは健康被害が出始める数字です。
その点に注意しておくべきです。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

nuclear2ch

Author:nuclear2ch
2ちゃんねら~です。「福島原発問題」や「東日本大地震」のニュースをまとめています。

検索フォーム
Twitter


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。