FC2ブログ

福島原発事故・地震津波情報のまとめ

福島原発事故のニュースや地震津波情報をまとめました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

福島原発事故 - 東京電力会見まとめ@30日22:56~0:05PART

東京電力会見まとめ@30日22:56~0:05PART1
・2号機午後7時5分注水を再開
・4号機の放水も実施
・集中環境施設棟地下の管理区域5500平方メートルと非管理区域500平方メートル(ボイラー室)で浸水を確認
・深さはだいたいで管理区域3メートル、非管理区域側は4メートル
・粉塵対策明日実施・水溶性の合成樹脂の散布6万リットル予定・概ね2週間
・散布場所は共用プール~集中環境施設付近・5号機の北側
・2000リットル容量の散水車1台を使う(消防車が消火するイメージ)
・作業をしていなくて機器のないところをやってみる
・モニタリング30か所中23か所で実施(モニタリングカーでの計測かどうかは不明)
・海水は沖合15キロで実施を検討中
・集中環境施設棟の水は海水と考えてる・津波の可能性だと思う
・水の処理については検討中(線量は水面・空間ともに微量)
・3号機のトレンチサンプリングはまだ出来てない
・サプレッションサージタンク(3400×2)の残量は半分くらい(水位計は機能していない)
・1号機の状況は安定はしてるがメカニズムは不明な部分がある(温度差)
・2号機の温度も上昇中・流量で調整中
・1号機のトレンチの水→消防ポンプ→ペレット貯槽(ペレットを貯めるタンク)
・ペレット貯槽(800リューベうち200リューベは使用済み)は集中環境施設棟にある(開口部は地上なので水没してないと思う)
・全部は入らないが当面海への流出を防ぐ目的
・1シーベルト以上の以上の部分はまだ計測できていない
・1号は流量増加と溜まり水の水位の関連性は、明日以降分かるかも(排出作業が止まってるので)
・1号144リットル/h 2号機133リットル/m 116リットル/m
・消防ポンプ時代は流量調整が困難(開閉しかない・エンジンの回転数多少変わる)
・電動ポンプはある程度自在に変化が出来る
・全タンクの残容量は不明
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1301497319/28
Part2
@既存の設備で処理能力講座@エース
・コンセントレーター(蒸気と残り物にわける方ほう)432リューベ/デイ
・フィルターデミ 300リューベ/デイ
・集中環境施設は水っぽい汚染物と濁ったっぽい汚染物(床ドレン)を処理する設備
・水っぽいのはフィルターで除去・濁りのあるのは蒸留等する
・廃棄物(水)処理が出来ない状況←(さりげなく重要)
・集中環境施設が生きていれば2号機の排水等はここでする予定だった
・集中環境施設は昭和58年に立てた。それまでは各プラント側に処理設備がありそっちを使っていた。
・地下2階までありそこから3メートル~4メートル水没
・電気モーターやボイラーだと思うので水を抜いても再利用は難しいかなと
・10の5乗6乗はレベルの水を処理したことはない・海水を処理することは出来たかもだが。
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1301497319/30
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/03/31 00:16 ] 原発情報(福島) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

nuclear2ch

Author:nuclear2ch
2ちゃんねら~です。「福島原発問題」や「東日本大地震」のニュースをまとめています。

検索フォーム
Twitter


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。