FC2ブログ

福島原発事故・地震津波情報のまとめ

福島原発事故のニュースや地震津波情報をまとめました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

福島原発事故 - 校庭利用の基準が年20mSvになった経緯が判明 「対象が多すぎるから」


東京電力福島第一原発事故を受け、文部科学省が昨年四月、福島県で校庭利用を制限する放射線量の目安を、当初は計器の誤差があっても安全が守れるよう毎時三マイクロシーベルト以上にする方針だったのに、後に三・八マイクロシーベルトに緩くしていたことが分かった。本紙が情報公開請求で原子力安全委員会から得た文科省の内部文書で判明した。どのように目安が決まったのか、具体的な経過が分かったのは初めて。

…しかし、十二日に一転、3.8μSv/hに緩める案を提示。担当者によると「三マイクロシーベルトでは対象の学校が多くなり(対応が)大変だ」「半減期が八日と短い放射性ヨウ素が減って放射線量が次第に低下する」と説明したという。

目安を3.8μSv/hにすると、校庭利用の制限がかかるのは43校だったのに対し3μSv/hと厳しくすると137校と三倍以上に膨れあがるとの結果だった。

詳細はリンク先記事へ
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012041890070133.html

[コメント]
基準を3μSv/hにすると対象の学校が多くなり対応が大変だから、3.8μSv/hに決定。
これが文部科学省の考え方です。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

まとめteみた.【福島原発事故 - 校庭利用の基準が年20mSvになった経緯が判明 「対象が多すぎるから」】
東京電力福島第一原発事故を受け、文部科学省が昨年四月、福島県で校庭利用を制限する放射線量の目安をよう毎時三マイクロシーベルト以上にする方針だったのに、後に三・八マイクロ...
[2012/04/18 21:56] まとめwoネタ速suru
プロフィール

nuclear2ch

Author:nuclear2ch
2ちゃんねら~です。「福島原発問題」や「東日本大地震」のニュースをまとめています。

検索フォーム
Twitter


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。