福島原発事故・地震津波情報のまとめ

福島原発事故のニュースや地震津波情報をまとめました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

福島原発事故 - 新潟知事、新基準を否定 柏崎刈羽原発 再稼働は困難に

新潟県の泉田裕彦知事は、29日までに毎日新聞の単独インタビューに応じ、原子力規制委員会の新規制基準は不十分で「(同県内に立地する)東京電力柏崎刈羽原発が新基準を満たしたとしても安全を確保したことにはならない」との認識を示した。立地県の知事が原発の安全性に疑問を投げかけたことで、東電が目指す早期の原発再稼働は困難な見通しとなった。

詳細はリンク先記事へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130629-00000039-mai-pol

[コメント]
原発事故が起きた時の対策は何も決まっていないのに
原発再稼動の話だけが進んでいます
これは危険です
スポンサーサイト
[ 2013/06/30 19:50 ] 原発情報(福島以外) | TB(0) | CM(0)

福島原発事故 - 福島原発、井戸から高濃度放射性物質 海から6メートル

東京電力は29日、福島第一原発の岸壁から約6メートルしか離れていないところに掘られた観測用井戸の地下水から、放射性物質を高濃度で検出した、と発表した。

ストロンチウムなどベータ線を出す放射性物質で水1リットル当たり3千ベクレルと周辺の井戸の濃度の2倍以上。トリチウム(三重水素)も法令で定める濃度限度の7倍以上にあたる同43万ベクレルが検出された。東電は、海へ漏れたかどうかを慎重に調べる。

詳細はリンク先記事へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130629-00000028-asahi-soci

[コメント]
海から6mの地下水が汚染されてるならもう普通に海に漏れているでしょう
何も対策をしなければこれからも漏れ続けるはずです

しかし、太平洋は広いので
この程度の放射性物質が漏れ続けても薄まるから問題無しという戦略です
我々はこれからも少し放射能汚染された魚介類を食べ続ける事になりそうです
[ 2013/06/30 06:27 ] 原発情報(福島) | TB(0) | CM(0)

福島原発事故 - 東電が和解方針拒否 被ばく不安への賠償

東京電力福島第一原発事故による福島県飯舘村長泥地区住民の被ばくへの不安に対する賠償を認めた原子力損害賠償紛争解決センターの和解方針を、東電側が「(住民への)権利侵害があったと認めることは困難」として拒否していたことが、26日、分かった。同日、住民を支援する原発被災者弁護団が都内で記者会見し、明らかにした。

センターは5月までに、放射線量が高くなった平成23年3月15日以降、長泥地区に2日間以上滞在した住民に50万円、妊婦と18歳以下の子どもには100万円を支払う和解案を提示していた。

東電側は26日、被ばくと健康影響に関する科学的根拠がないとした上で、「本事案にとどまらない影響があり得ることから受け入れは困難」と回答した。

詳細はリンク先記事へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130627-00000006-fminpo-l07

[コメント]
これが認められると「被爆と健康影響に関する科学的根拠が無い」で全ての賠償を拒否できます
とんでもない事です

福島原発事故 - 原発に隣接の港湾で高濃度のトリチウム

東京電力は24日、福島第一原子力発電所に隣接する港湾内の海水から、原発事故直後の2011年6月の観測開始以来、最も高い濃度の放射性物質のトリチウムが検出されたと発表した。

検出場所は、19日に高濃度のトリチウムや放射性ストロンチウムの検出が明らかになった2号機タービン建屋東側(海側)の井戸の北約150メートルの地点。東電は「注意すべき値」としながら、トリチウム以外の放射性物質の濃度に変化がないため、「井戸から海水に漏れたとは言い切れない」としている。

詳細はリンク先記事へ
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130624-OYT1T01220.htm

[コメント]
井戸から海水が漏れたとは言い切れない
ということは
井戸じゃなくて別の場所からトリチウムが漏れてるのでは…?
[ 2013/06/24 21:49 ] 原発情報(福島) | TB(0) | CM(0)

福島原発事故 - 福島県田村市「除染終了」 しかし不安の声も・・・

原発事故の避難区域で住民の帰還を目指して進められてきた除染のうち、最初に終わった福島県田村市で23日、初めての住民説明会が開かれました。しかし、放射線量が国の目標値を下回っていないところもあり、自宅に戻ることに対して不安を訴える声も聞かれました。

原発事故の避難区域がある11の市町村で、国による除染作業が終わったのは田村市が初めてで、今後、住民の帰還に向けた具体的な動きが出てくるものとみられます。

詳細はリンク先記事へ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130623/t10015517441000.html

[コメント]
放射線量が目標値より高いところも残っているがひとまず「除染完了」
住民は帰還の動きへ

チェルノブイリは25年経っても帰還できませんが
福島の避難民は帰還

本当にこれでいいのでしょうか…?
プロフィール

nuclear2ch

Author:nuclear2ch
2ちゃんねら~です。「福島原発問題」や「東日本大地震」のニュースをまとめています。

検索フォーム
Twitter


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。